サプリメントの飲み合わせ

私たちが普段摂取する薬には飲み合わせが悪いものがあることはよく知られています。
飲み合わせ(飲む薬の組み合わせ)によっては、効果が増幅され副作用が表れてしまったり、反対に効果を弱くしてしまうこともあるのです。

病院などで診察を受け処方せんをもらって薬局に行くとお薬手帳をもらいますが、こうした薬物の相互作用(飲み合わせ)の管理を行うためでもあります。
お薬手帳は、死亡に至るような薬物の相互作用の事例もあり、1990年代に導入が始まりました。
導入から20年余りなので、意外と歴史が浅いと言えます。
高齢者などは複数の疾患がある方も少なくありません。
定期的な診察と薬の服用が必要な患者は多数いる中で、薬物の相互作用(飲み合わせ)は現代でも大きな問題と言えるでしょう。

薬品は日本において法律(旧薬事法、現在は医薬品医療機器等法または薬機法と略される)によって厳しく管理されおり、ゆえにある意味では薬物の相互作用(飲み合わせ)の薬品の情報などは、積極的に公開されています。
お薬手帳などの導入もそうした問題への対応でもあると言えます。
一方、普及し続けるサプリメントについてはどうでしょうか。
体調管理や体質改善など飲み続けている方も多いと思いますが、あまり耳にすることはありません。
薬品ではないという位置づけから、意外と周知していないのではないでしょうか。
かくいう私も知らないわけですが、サプリメントの飲み合わせについて少し調べてみたいと思います。