サプリメントの場合

サプリメントとサプリメントでは?

その効果については、本質的に薬品とは異なるために個人差がある言われるサプリメントですが、食品または健康食品とも言え薬品ほどには飲み合わせで注意すべきことはないのでしょうか。
薬ではないからといって一度にさまざまな種類のサプリメントを摂取するのはやっぱり心配になります。
過ぎたるは及ばざるが如しとも言います。

複数のサプリメントを摂取する場合には、成分が同じ種類の場合には過剰摂取になる場合があります。
摂取前には必ず製品の成分表などをチェックする必要があります。
複数のサプリメントを摂取する場合には、成分が異なるものであっても飲み合わせにより過剰に作用したり、また逆に作用を弱める場合もあるので、気になる場合には医師に相談してみるのがいいでしょう。

摂取方法を守ってこそ

サプリメントが食品や健康食品に近いからと言って、自由に摂取するのはNGです。
メーカーから示されている1日の摂取量の目安などをしっかりと守ることは当然です。
栄養を補完する目的のサプリメントなので、過不足のある摂取は健康増進や体調改善のためにも効果も期待できません。

サプリメントの飲み合わせにおいて、つい見逃しがちなのが薬品でないという点です。
つまりはどちらかと言うと食品や健康食品にも近いものであることから、食品アレルギーをお持ち方はチェックが必要です。
原材料や成分表などに参照されている名称を確認してください。
ご自身の体質なども考慮した上で、健康増進や体調管理のためにもサプリメントは正しく摂取したいものです。


B!